全銀システム

「全銀システム」が、お客様の為替取引を、全国の金融機関を網羅してリアルタイムにお届けします。

全銀システムとは

全銀ネットは、銀行間の内国為替取引をオンライン・リアルタイムで中継するとともに、取引に伴う資金決済を行うための銀行間ネットワークシステム「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」を運営しています。


全銀システムは、1973年に発足し、その後の内国為替業務の発展や制度への参加銀行の拡大を経て、現在では、わが国のほとんど全ての民間金融機関を網羅しています。

全銀システムに接続している金融機関
銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合

※各業態の中央機関を含みます。

全銀システムの業務

振込等の銀行から送られてきた為替取引に関するデータは全銀システムのコンピュータセンター(全銀センター)でリアルタイムで処理され、直ちに受取人の取引銀行宛に送信されます。これと同時に、全銀システムでは、銀行からの支払指図を集中計算したうえで、各銀行毎に算出した受払差額(決済尻)を一日の業務終了後に日本銀行に対してオンラインで送信します。日本銀行では、全銀システムからの送信内容に基づいて各銀行と全銀ネットとの間で日本銀行当座預金の入金または引落しを行い、これにより最終的な銀行間の為替決済が完了します。

第7次全銀システム

全銀システムは、取引量の拡大やセキュリティの向上などのため、順次システムのレベルアップを進めており、現在のシステムは第7次システムにあたります。


第7次全銀システムでは、第6次全銀システムの機能・構成を継承しつつ、後継となる最新機器を導入することで、安全性・信頼性向上の観点から、収容能力・処理能力の増強、サイバーセキュリティ対策の強化や電力消費量の削減などを図っています。

ページトップへ