平成23年11月14日から、1億円以上の振込に関する国内の銀行間における決済の仕組みが変わりました。
(給与・賞与振込や1億円未満の振込は、従来と変わりません)

I.決済の仕組みの変更について

1.日本国内の振込における決済は平成23年11月11日まで「時点ネット決済」と呼ばれる仕組みにより行っていました。


2.一方、諸外国における国際的な決済の仕組みや、日本でも高額な資金移動を行う日銀ネット(日本銀行が運営しています)などにおいて、「時点ネット決済」で確保されている決済の信頼性・安全性を更に高めるために、「即時グロス決済」(Real Time Gross Settlement:RTGS)と呼ばれる仕組みを導入する事例が増えています。


3.これを受けて、日本国内の振込における決済につきましても、「国際的な潮流への対応」と「従来の振込における利便性」の両立が図れるよう、全銀システムでは、平成23年11月14日から、給与・賞与振込を除く1億円以上の振込について、「即時グロス決済」を導入いたしました。

【時点ネット決済とは】

  • 支払銀行と受取銀行間における「振込入金依頼」と「銀行間の資金決済」を別々に行う仕組みです。
  • 「銀行間の資金決済」は、「振込指定日における振込取引の合計額」の清算を、振込指定日の夕方にまとめて行いますが、「振込入金依頼」はこれとは関係なく、受取銀行に引き渡します。
  • 時点ネット決済においては、受取人口座への入金を直ちに行う場合、その資金は「銀行間の資金決済」までの間、入金する銀行が立替え負担しますが、万一「銀行間の資金決済」前に銀行破綻等があると、甚大な影響が生じかねないので、各銀行が事前に国債等の担保を全銀ネットに差し入れることにより、決済の信頼性・安全性を確保していました。

(時点ネット決済)

時点ネット決済

【即時グロス決済とは】

  • 支払銀行と受取銀行間における「振込入金依頼」と「銀行間の資金決済」を一体で行う仕組みです。
  • 具体的には、「振込入金依頼」は、振込指定日当日の午前9時5分(注)から行われる「銀行間の資金決済」が完了した後に、受取銀行へ引き渡されます。
  • この仕組みにおいては、「個々の振込取引」の都度、銀行間の資金の支払いを行うことで、時点決済よりも更に決済の信頼性・安全性を高めることができます。
    (注)12月を除く月末日は、午前8時35分。

(1億円以上の取引に対する即時グロス決済)

1億円以上の取引に対する即時グロス決済

 

II.お客様への影響

1.平成23年11月14日以降、決済の仕組みが変わったのは「給与・賞与振込を除く1億円以上の振込」です。


2.これらの取引では、お客様(支払人)から振込を依頼する時期に関わらず、振込指定日当日の午前9時5分以降(注)順次、支払銀行と受取銀行間における「銀行間の資金決済」が行われた後に、受取人の口座への入金が開始されることとなりますので、振込依頼日によっては、従来の仕組みと受取銀行での入金時刻が変わる場合があります。
(振込依頼のお手続は、現在と変わりません)

 

例えば、振込依頼を振込指定日の前営業日以前に行われている取引の一部などでは、従来、入金時刻が「振込指定日の午前9時5分まで」であったところから「午前9時5分以降」へと遅くなる場合があります(注)。

(注)12月を除く月末日は午前8時35分以降

給与・賞与振込や1億円未満の振込の仕組みは従来と同様であり、こうした影響はありません。

3.上記2.のように振込入金時刻が変わったことで、お客様(受取人)においては、当該振込入金を見込んだご資金の出金等を行う時刻も同様に変わる場合があります。

迅速・円滑な振込サービスの提供に努めながら、より信頼性・安全性を確保した資金決済を行うための国際的な取組みの一環として、ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。

ページトップへ