内国為替取引

国内の金融機関を網羅して、お客様の振込を受取人の口座にお届けします。

経済活動と為替取引

離れた個人や企業の間で現金を運搬することなく資金の受渡しを行う取引を内国為替取引といいます。


個人や企業などが経済活動を行うと貸借関係が生じます。例えば売買取引であれば、モノやサービスを買った人は、売った人に対して代金を支払うことにより貸借関係を解消します。これを「決済」といいます。


決済の方法は、現金を支払うことが一般的ですが、決済の額が高額になると、現金の持ち運びに伴う盗難や紛失の危険が高まり、時間や経費もかかります。


これに対して、離れた場所の間で直接に現金を送ることなく資金の受け渡しを行う方法が「為替取引」です。為替取引は現金を用いないので、安全かつ迅速な決済が可能です。

銀行と為替取引

銀行などの預金取扱金融機関(以下、「銀行」といいます。)は、資金を送る人と受取る人のそれぞれの預金口座の金額を増減することにより、為替取引を提供しています。


為替取引は預金、貸出とならぶ銀行等の三大固有業務と位置づけられています。特に、国内で日本円により行う為替取引を「内国為替取引」といいます。

為替取引と決済システム

同じ銀行に開設された二つの口座の間で為替取引を行う場合は、銀行が、資金を送る人の口座残高を減少させ、受け取る人の口座の残高を増加させます。この場合は実際にお金が動くことなく資金移動が完了します。

図1 同一銀行内での振込取引

図1 同一銀行内での振込取引

しかし、異なる銀行にある口座に対して為替取引を行うためには、現金を送る人の取引銀行は、現金を受け取る人の取引銀行に対して、いつか資金を支払わなければなりません。これを効率的に行うための仕組みが「決済システム」です。

図2 異なる銀行間での振込取引

図2 異なる銀行間での振込取引

全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)は、国内における振込取引およびこれに伴う銀行間の資金決済を行う「決済システム」です。全銀ネットが運営する為替取引の仕組みを「全国銀行内国為替制度」といいます。

ページトップへ